映画『泳ぎすぎた夜』
4月14日(土) シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
4月14日(土) シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

TRAILER

CAST

少年

少年|古川鳳羅〈こがわ たから〉

2009年青森生まれ。『泳ぎすぎた夜』が演技初挑戦で、撮影時は6歳の小学一年生(2018年現在は8歳)。監督たちは、ロケハンのために訪れた弘前市に1ヶ月ほど滞在。その期間中にキャスティングを開始する。通常のオーディションではなく、駅前のショッピングモールで日々子どもたちを観察し、気に入った子に声をかけるという“野生”キャスティングを続けていた二人は、ある日たまたま訪れていた音楽イベントで鳳羅君を発見する。会場で自由奔放に動きまわり、誰彼構わず話しかける様子にすぐさま惹かれた監督たちは、イベント終了後に彼に声をかける。あまりに自由で感情豊かな少年に、一度は「本当に彼と映画を撮ることができるだろうか?」と悩んだ監督たちだが、その他にはない魅力に惹かれ、この子と一緒に映画をつくろうと決意。鳳羅君とその家族とも話し合い、出演が決定した。

姉

姉|古川蛍姫〈こがわ けいき〉

母

母|古川知里〈こがわ ちさと〉

父

父|古川孝〈こがわ たかし〉

本作の撮影は、弘前フィルムコミッションの支援の元、地元の人々の協力を得ながら、2017年1月中旬~2月の終わりまで、ほぼ全編が、青森県の弘前市で行われた。
そして、この映画のもっとも重要な要素である出演者たちもまた、青森で暮らすある一家族である。

当初、監督たちはこの映画を一人の少年とその家族の物語にすることは想定していたものの、鳳羅君の実際の家族を起用しようとは考えていなかったという。だが鳳羅君の父親の職業を尋ねたところ、弘前市の漁業市場で働いていることを知り、その設定をそのまま映画に反映させることを決めた。こうして鳳羅君の父親、母親、姉までが出演し、現実と同じ役柄を演じることになった。映画のなかに映される市場も、鳳羅君の父親が実際に働いている場所である。

DIRECTORS

ダミアン・マニヴェル監督

ダミアン・マニヴェル監督 Damien Manivel

1981年フランスのブレスト生まれ。コンテンポラリー・ダンサーとして活躍後、ル・フレノワ国立現代アートスタジオにて映画を学ぶ。短編『犬を連れた女』は2011年ジャン・ヴィゴ賞を受賞、短編4作目の『日曜日の朝』は2012年カンヌ国際映画祭の批評家週間短編大賞を受賞。初長編映画となる『若き詩人』はロカルノ映画祭特別大賞を受賞、2015年に日本でも劇場公開された。長編2作目の『パーク』は2016年カンヌ国際映画祭に選出された。

監督往復書簡
五十嵐耕平監督

五十嵐耕平監督 いがらし こうへい

1983年日本の静岡生まれ。東京造形大学在学中に制作した映画『夜来風雨の声』が Cinema Digital Seoul Film Festival (CINDI) に出品され韓国批評家賞を受賞。2014年、東京藝術大学大学院映像研究科にて制作した修了作品『息を殺して』は第67回ロカルノ国際映画祭に出品され、その後全国劇場公開された。また近年はD.A.N. Alexandros 等のミュージックビデオも手がけている。

撮影|西岡浩記 © NISHIOKA Hiroki

THEATER

エリア 都市 劇場名 公開日
北海道 札幌市 シアターキノ 7/7(土)〜
東北 弘前市 イオンシネマ弘前 上映終了
  八戸市 フォーラム八戸 上映終了
  大館市 御成座 上映終了
  仙台市 フォーラム仙台 上映終了
  山形市 フォーラム山形 7/13(金)〜
関東 渋谷区 シアター・イメージフォーラム 上映終了
  世田谷区 下北沢トリウッド 6/23(土)〜
横浜市 シネマ・ジャック&ベティ 近日公開
宇都宮市 ヒカリ座 9/15(土)〜
高崎市 シネマテークたかさき 上映終了
甲信越静 新潟市 シネウインド 近日公開
  長野市 シネマポイント 8/11(土)〜
  松本市 松本CINEMAセレクト 7/27(金)
  静岡市 静岡シネ・ギャラリー 上映終了
中部・北陸 名古屋市 名古屋シネマテーク 上映終了
  富山市 ほとり座 7/7(土)〜
  金沢市 シネモンド 上映終了
関西 大阪市 シネ・リーブル梅田 上映終了
京都市 出町座 上映終了
神戸市 神戸アートビレッジセンター 上映終了
中国・四国 岡山市 シネマ・クレール 近日公開
中国・四国 広島市 横川シネマ 近日公開
  尾道市 シネマ尾道 上映終了
  山口市 山口情報芸術センター 6/8・6/29・7/27
九州・沖縄 福岡市 KBCシネマ 上映終了
大分市 シネマ5 上映終了
  鹿児島市 ガーデンズシネマ 近日公開